電話する

アクセス

感染対策について

院内感染とは

不十分な消毒と衛生環境が原因で引き起こされる院内感染。院内で起こる細菌性の感染のことで「患者さんと患者さん」「患者さんとスタッフ」の間や、「医療器具を介して」起こる可能性があります。当クリニックでは、みなさまに安心して治療を受けて頂くために、以下のことを心がけて治療を行っています。

衛生管理への取り組み

  • 患者さんが触れたところの消毒・使った器具の滅菌
  • エプロン・コップ・トレー・グローブは患者さんごとに破棄
  • スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒、マスク・グローブ・ゴーグルの着用
  • こまめに窓を開放することによる換気
  • 患者さんの混雑を避けるよう緩やかな予約

「滅菌」とは高温、高圧、紫外線などでほぼ無菌の状態にすることを言います。患者さんのお口の中に入る器具は治療直前まで滅菌バックと呼ばれる袋に詰めて滅菌状態を保っています。治療後に、使用した器具は薬液洗浄し袋詰めにされオートクレーブと呼ばれる器械に入れられます。オートクレーブは医療用の圧力釜のような器械で高温、高圧で袋詰めの器具を滅菌します。当院では滅菌可能な器具はすべて滅菌しており、グローブや紙コップなどは使い捨ての物を導入し、院内感染防止・衛生管理に努めています。

ハンドピース(歯を削るための機器)のメンテナンス

オイル洗浄

患者さんごとに滅菌・消毒

診療器具

滅菌保存パックに入れ、高圧蒸気滅菌器にて滅菌処理をします。

サイト内検索: