電話する

アクセス

入れ歯

保険適用で認められた材料を使い、歯を失った所に取り外し可能な入れ歯を作ります。 入れ歯が出来るまで4~5回来院していただき、入れ歯が完成してからもしっかり合わせる為、調整に数回かかることもあります。 長期間歯を失ったまま放置していると、噛み合わせや顎がずれたりすることがあります。 ですから大事に至ってしまう前に早めに入れることをお勧めしております。

入れ歯の種類

総入れ歯(義歯)
総入れ歯は、歯が全部無い人用の物です。(写真左)
部分入れ歯(義歯)
歯と歯の無い部分が混在する人用の物です。歯の残り方やいろんな条件によって、形は様々に変わります。(写真右)

保険でできる入れ歯とは

現代の技術を駆使した最新の義歯というのは、おおよそ保険適用になっておりません。保険で作れる義歯は、ある程度機能が限定されたものになりますが、それでも丁寧にメンテナンスを続ければ長持ちもするし、費用は安くすることができます。

より良い入れ歯作り

総入れ歯(義歯)

総入れ歯でよい物を希望される方は、2回入れ歯を作りましょう。1回目は、基本の義歯を作製します。そして、今の入れ歯の悪い点を解消するように作りこんでいきます(作りこみ調整期間が必要です)。ここでよい噛み合わせを作って、2回目の入れ歯作製に入ります。そこには、よい噛み合わせに快適性をプラスしたもので完成させます。

部分入れ歯(義歯)

部分入れ歯でよい物を希望される方は、歯の状態、噛み合わせの状態等々全体の状態を確認して、新しい義歯の作製に入っていきます。

サイト内検索: