電話する

アクセス

外科処置

① 抜歯

親知らずは成人以降に生えてくることが多く、斜めに生えたり歯茎がかぶさっていたりすると、炎症や腫れなどのトラブルを起こしやすい為、抜歯することをお勧めしております。 そのほか虫歯や歯周病で保存不可能となった歯も、そのまま放置していると隣の歯を支えている骨を蝕んだり、身体の内部が細菌感染を起こしたりすることがありますので抜歯の対象となります。

② 事故や外傷などでの折れた歯や口の中の裂傷の治療

スポーツや事故などにより、歯が折れたり、口の中に裂傷が生じたりした場合の緊急的な治療を行います。

③ 歯周外科治療

歯周病が進行し、ひと通りの基本治療を行っても改善しない場合、歯周ポケット除去術(フラップオペ)という手術を行います。
精密に検査した上で、歯周ポケットが6mm以上と歯周病が重度の場合に行います。 通常のスケーリングやSRPでは届かない歯周ポケットの深いところを局所麻酔下で歯茎を切開し、歯石や炎症部分を除去します。
従来から多く用いられている一般的な手術法です。手術は歯科医師が担当し、術後の定期的なメンテナンスは歯科衛生士が行います。

④ 歯軋り治療

歯軋りは、寝ているときに無意識に上下の歯をこすり合わせたり、食いしばりをしたりすることで歯や歯周組織に多大な悪影響を与えてしまいます。 当院では、患者さん一人一人に合わせたオーダーメイドのスプリント(マウスピース)をお作りし、歯軋りの治療を行っております。

⑤ 顎関節症治療

顎関節症とは、口を開け閉めする際に「ポキッ」とクリック音がしたり、痛みが生じたり、開け閉めがしにくくなる病気です。 当院では、カウンセリングを重視し、スプリント療法、運動療法などを行っております。

外科処置はいずれも、こちらの医院では困難と判断した場合は的確に大学病院等の口腔外科を紹介いたします。

サイト内検索: